Silexicaと富士通が次世代基地局プロジェクトにおける提携を開始

  • 最適化されたソフトウェアコードによるリアルタイム性の実現
  • 将来的な4G/5GプロジェクトでのSLX使用に関する長期契約
  • SLXの解析結果を富士通のソフトウェアコードに適用

2018年1月16日Silexicaは、SLXの使用について富士通株式会社と提携することを発表しました。

Silexicaと富士通は、SLXの解析によりマルチコアプロセッサによる4Gシステムの並列化と高速化を実現させました。今後の次世代基地局プロジェクトにおいても同様に、SLXの活躍が期待されます。

富士通株式会社ネットワークプロダクト事業本部事業部長・谷口正樹氏は、今回の提携に際し次のように語っています。「インターネット時代の到来により、モバイルデータトラフィックは急速な拡大を見せています。今までよりも多くの電力と大量のデータをリアルタイムで処理する必要があります。このような課題を改善し、通信プラットフォームのパフォーマンスを最適化するツールとしてSLXを選択しました。」

当プロジェクトでは、無線通信プロトコルのリアルタイム性を満たすための効率改善が求められ、SLXを使用することにより、最先端のマルチコアシステムの性能を最大限に引き出すことに成功しました。

SilexicaのCEO・Maximilian Odendahlは、「富士通が引き続き、最先端の通信プラットフォームを提供していくために、今後も協力していきたいと考えています。ソフトウェアを最新のマルチコア・プラットフォームに移行する自動化プロセスは、ハードウェアを最大限に活用する唯一の方法であり、非常に価値が高いです。」とコメントしています。

Silexicaと富士通は、過去18カ月間に渡りアーキテクチャ探査、キャッシュ解析、スレッドコード解析など、多くのプロジェクトで協力してきました。 両社のパートナーシップは、今後もさらに深化していきます。

 

Silexicaについて

Silexicaは、先端企業が自動運転車などのインテリジェントな製品をコンセプトから製品化するための、ソフトウェア開発ソリューションを提供しています。SLXは、システム上でのソフトウェアの挙動に対するプロファイリング結果を表示することにより、組み込み型スーパーコンピュータ上で効率的に動作するソフトウェア実装を実現します。

Silexicaは2014年に設立され、2,800万ドルの資金調達を行いました。 ドイツに本社を置き、米国と日本にオフィスを構えるSilexicaは、自動車、無線、航空宇宙など多くの業界で、グローバルな顧客と提携しています。

詳細については、https://www.silexica.com/ja/ をご覧ください。

 

内容に関する質問の連絡先は以下の通りです。

Silexica Garath Beazant

press@silexica.com

ネクストリーム 川原 常盛

kawahara@nextream.bz